相続手続きパーフェクトガイド
HOME » 相続時によくあるトラブルと対処法 » 被相続人に借金があった場合

被相続人に借金があった場合

さまざまな相続に関するトラブルの対処法についてまとめてみました。このページでは、被相続人に借金があったときのトラブルについて掲載しています。

被相続人に借金があった場合のトラブル事例

実は、財産を引き継ぐということはいいことばかりではありません。親がもっていた膨大な借金を子どもが相続するとうことも十分考えられる話なのです。

夫に自分たちでは返しきれない借金があったケース

夫であるAさんが亡くなってしまったBさんには、ふたりの子どもがいました。後日、Bさんの元に一通の手紙が配達されてきます。それは債権者からの通知書で、Aさんが債権者に600万円もの借金があり、その返済を求めるものでした。

親が知人の債務の保証人になっていたケース

父が亡くなった後に、知人の保証人になっていた事実が判明しました。保証人を引き継ぐということは、もし知人が返済できなくなったら私が父の代わりに返すことになるのか、とても不安です。

借金を引き継ぐことになったときに気をつけておきたいこと

借金というものは、基本的に債権者、債務者、そして保証人といった関係のみで成立する問題です。いくら親が保証人になったからといって、その責任が子どもに降りかかってくることはありません。ただし、債務者である親が生きていればの話。相続の場合には基本前提が変わってきます。相続すべき財産には借金なども含まれているからです。

まずそういった借金があることが判明した時点で、弁護士などの専門家に迅速に相談してください。借金の総額がどれくらいあるか、相続放棄や限定承認を行う必要があるかなどのアドバイスを与えてくれるでしょう。相続放棄などの手続きには、膨大な書類などを提出する必要があるので、弁護士などにそのまま作成を依頼することも可能です。ただし、「相続放棄には相続開始があったことを知ったときから3か月以内に行う」という期限があります。早めに相談にいくことをおすすめします。

相続問題に強い弁護士は?法律事務所一覧はこちら>>

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから