相続手続きパーフェクトガイド
HOME » 相続時によくあるトラブルと対処法 » 兄弟間で遺産分割する場合

兄弟間で遺産分割する場合

さまざまな相続に関するトラブルの対処法についてまとめてみました。このページでは、兄弟(姉妹)間のトラブルについて掲載しています。

兄弟(姉妹)間で起こる相続時のトラブル事例

どんなに仲の良かった兄弟(姉妹)だとしても、いざ遺産相続の現場に置かれると、予想もしていなかった状況に追い込まれてしまうケースは数多く存在します。それではいくつかのケースを簡単にご紹介していきましょう。

遺産の分配に不満を抱いた姉妹のケース

未婚だった長女が、続けざまに亡くなってしまった両親の介護を行ってきました。その結果、長女が評価額3,000万円の土地や家。次女が預貯金の約500万円を相続することになりましたが、次女がこの分配に不満を抱いてしまいます。家庭を持つ次女に対して、長女はこれまで介護してきた精神的な部分も加味してほしいと訴えても、なかなか同意してくれないということです。

相続予定の土地と家をすでに兄が登記していたケース

このケースではもっと複雑です。お父さんはすでに他界。弟さん家族とお母さんが実家に住んでいました。というのも母親の面倒を見るという条件の下で、弟に家と土地を譲ると父が遺言書に書いてくれたおかげです。また遺言書には、独立して事業を成功させた兄に預貯金と株式を相続させると書かれていました。ところが、兄はこれに納得ができず、なんと、土地建物の相続登記を行ってしまっていたのです。

兄弟(姉妹)間の遺産相続で気をつけておきたいこと

まず法律に則った法定相続人が誰かを客観的に確定する必要があります。これには兄だから優先権があるとか、弟だから少ないといけないといった、いわゆる感情論的な権利の主張は通用しません。法律上は、兄弟だからといって相続分に差異が生じることはなく、等しく分配されるようになっております。ただし、遺言書がある場合にはその内容が優先されますので、注意しておきましょう。

可能であれば、兄弟間で相続についての話合いを持つ場合には、弁護士などの専門知識に精通した専門家の立ち合いの下で行うといいでしょう。こじれてしまった後では取返しのつかないことになります。できるだけ迅速にお願いするようにしてください。

相続問題に強い弁護士はこちらでチェック>>

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから