相続手続きパーフェクトガイド
HOME » 相続時によくあるトラブルと対処法 » 被相続人に養子がいた場合

被相続人に養子がいた場合

さまざまな相続に関するトラブルの対処法についてまとめてみました。このページでは、相続人の中に養子がいたときのトラブルについて掲載しています。

相続人の中に養子がいた場合のトラブル事例

財産を受け継ぐ何人かの相続人の中に養子がいたときには、相続権や法定相続分はどのように変わってくるのでしょうか。実際のケースを元に考えていきたいと思います。

亡くなった父親の養子だったケース

私の父親が亡くなりました。他に血縁者がいないのですが、自分に相続権があるのかが不安です。

血のつながった子どもがいる家庭に養子になったケース

父親が死亡してしまいました。父には奥さんと実子である姉、妹。そして養子である私がいます。この場合、誰が相続人となるのでしょうか?

養子がいたときの相続で気をつけておきたいこと

養子とは、血縁関係にない親に届け出を出すことで、親子と同等の関係になった子どものことをいいます。こうして親子関係になった養子は、他に血縁関係のある兄弟がいても、彼らと同等の権利と義務が発生します。つまり、遺産を相続する際には、実子と同等の扱いで財産を受け継ぐことができるのです。

養子の届出を出したからといって、実父母との親子関係が失われてしまうわけでもありません。養父母と実父母の両方から遺産を相続する権利も有しています。反対に、実父母との親子関係を消滅させる「特別養子」とよばれるものもあります。特別養子を行った場合には、実父母に対する相続権や相互扶養義務等は有していないとみなされるので、相続権は普通養子の半分程度になります。この特別養子縁組の真の目的は「家庭に恵まれない子どもを救うという福祉目的にあります。その手続きも親の合意だけでなく、家庭裁判所の審理によって成立します。

養子にはさまざまなケースが考えられるだけに、トラブルも非常に多岐に渡ります。さらなるトラブルを招いてしまうことにもつながりますので、こじれてしまう前に、速やかに弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

相続に強い!頼りになる弁護士はこちらでチェック>>

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから