相続手続きパーフェクトガイド
HOME » 相続時によくあるトラブルと対処法

相続時によくあるトラブルと対処法

弁護士などの専門家の話によると、遺産相続では、トラブルにならなかったケースのほうが稀であり、予想以上のさまざまなトラブルが発生する場合がほとんどだということです。こうしたトラブルを回避する方法のひとつとして効果的なのは、さまざまなケースとその解決策に関する情報を事前に仕入れておくこと。

そこでここでは、さまざまなケースに関する実際の事例、そしてそのトラブルを解決するための情報を掲載しています。

遺産相続におけるさまざまなトラブルのケース

兄弟間で遺産分割する場合

最も多いトラブルが兄弟間のトラブルといわれています。今まであんなに仲の良かった兄弟であっても関係が急速に悪化してしまい、最悪の場合には絶縁といったことも珍しくありません。そこでこちらのページでは、兄弟間の遺産分割においての役立つ情報を掲載してみました。

兄弟間での遺産トラブルの事例はこちら>>

被相続人に隠し子がいた場合

遺産の整理をしていたら、どうやら亡くなった親に隠し子がいることが発覚。こんなテレビドラマのような出来事は、実はそれほど珍しいことではありません。いざその時になって右往左往しないためにも、ぜひこちらに掲載されている情報を参考にしてみてください。

隠し子がいた場合の遺産トラブルの事例はこちら>>

被相続人に養子がいた場合

財産を受け継ぐ自分が養子であった場合、血でつながった兄弟の中に養子がいた場合、さまざまなケースが考えられます。養子に関する知識を仕入れて公平な相続のお役に立ててください。

養子がいた場合の遺産トラブルの事例はこちら>>

相続人がいない場合

被相続人が天涯孤独で誰も遺産を受け継ぐ人間がいない、というケースもあります。その場合における遺産がどうなってしまうのか、後日に相続者が現れたときの対応についても掲載しています。

相続人がいない場合の事例はこちら>>

被相続人に借金があった場合

遺産を受け継いだはいいけれど、大半が借金だった。「これを私たち(相続人)は返済しなければいけないの?」といったトラブルもよくあることです。そのトラブルを解決するための法律や対応法などについての情報を紹介しています。

被相続人に借金があった場合の事例はこちら>>

相続人が被相続人(親)から借金していた場合

「財産を相続したはいいけれど、私(相続人)は親に借金をしていた……」といった場合、相続する遺産はどうなるのでしょうか。

相続人が被相続人から借金していた場合の事例はこちら>>

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから