相続手続きパーフェクトガイド
HOME » 【遺言書】~その効力と種類について解説~

【遺言書】~その効力と種類について解説~

知っているようで知らなかった遺言書の情報を掲載。こちらのページでは、遺言書がもっている効力について詳しく掲載しています。

遺言書にはどれくらいの効力があるのか

被相続人が死去する前に書き残した遺言書は、自分がどのような方法や分配方法で遺産を分配したいかが書かれています。この遺言書は、遺産相続の現場にてとても強力な効力を秘めており、ほぼ被相続人の希望どおりに分配することが可能になります。相続の現場では、どんなに仲の良い親族同士であってもトラブルが起きる場合があります。そのようなトラブルを回避するためにも、遺言書は有効に活用していく必要があるのです。

そんな強力な法的効力をもつ遺言書ですが、どのような法的効力をもっているのでしょうか。

相続人の廃除

法定相続人にあたる相続人が、ギャンブルや酒にお金をつぎ込みやすい人であったり、被相続人に対してDVなどの暴力行為に及んでいたりする場合があります。当然、被相続人の心情としては、こんな相続人は大事な遺産を残したくありません。著しい非行などが法的に認められたうえで、遺言書に遺産を渡したくない旨を書き添えれば、相続人の相続権を喪失させることができます。

分配の指定

基本的に相続人に対する相続分は民法によって規定されていますが、遺言書では、被相続人が任意で決定した比率で遺産を分配することができます。

遺産分割の禁止

自分の死後ある一定の期間は遺産を分割してはいけない、という内容を書き添えることで、その期間内は相続分割ができなくなります。ただし、遺産分割の禁止ができるのは5年以内に限ります。

遺言執行人の指定や委託

遺言書に書かれている内容を実現できるように、手続きを第三者に委託することができます。多くの場合、弁護士がその任を任されます。

後見人の指定

相続人が未成年であり、その親権者も死亡や不在などの理由でいなかった場合には、遺言者は第三者を後見人に任命することができ、財産の管理などをゆだねることができます。

その他にも、遺言書にはさまざまな効力を有しています。不明な点があれば、専門家である弁護士に相談してみるといいでしょう。

遺言書の種類

遺言書には、「普通式遺言書」「特別方式遺言書」という民法で定められた2種類があります。ここでは、この2種類について解説しています。

遺言書の種類について詳しく>>

遺言書が無効になるケース

被相続人の遺志が込められた遺言書。しかし、無効になってしまうケースもあります。ここでは、どういった場合に遺言書が無効になってしまうのか詳しく解説。ぜひチェックしてください。

遺言書が無効になるケースについて詳しく>>

遺言書の保管法と探し方

遺言書は種類によって、公証役場に預けたり自宅に隠したりするものがあります。
自宅を探す場合は鍵が掛けられるところや普段あまり見ないところを確認するといいでしょう。他にも、銀行に預けているという場合もあります。

遺言書の保管法と探し方について詳しく>>

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから