相続手続きパーフェクトガイド

相続の種類

遺産相続に役立つさまざまな情報を紹介。こちらのページでは、相続方法の種類についての基本的な情報を掲載しています。

相続には3種類の方法がある

財産を遺して死亡する方を被相続人とよび、その財産を受け継ぐ方を相続人とよびます。基本的には、相続人は以下の3種類の方法を使って、被相続人から相続する権利や義務が生じます。

単純承認

一般的な相続方法で、被相続人がもっていた権利や義務のすべてを相続することをいいます。これといって家庭裁判所に申し入れを行う必要もなく、手続きの必要もありません。しかし、被相続人が保有していたマイナスの財産も無条件に相続することになりますので、遺産を相続する場合には入念に調査を行う必要があります。以下のような場合には、単純承認を受託したとみなされるので、あらかじめチェックしておきましょう。

  • 相続人が財産を処分した場合
  • 民法915条に定められている熟慮期間(3か月)を過ぎた場合
  • 限定承認や相続放棄を選択したにも関わらず、財産の一部を秘匿、消費、意図的な申告漏れを行った場合

限定承認

被相続人の財産には相続人にとってプラスとなる財産があると同時に、借金などのマイナスの財産が含まれている場合があります。限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を相殺して、残された財産を引き継ぐ相続方法のことをいいます。しかし、プラスの財産を超える債務などを、相続人の財産で補う必要はありません。

相続放棄

これは被相続人からの相続義務を放棄するというもの。相続人自身の意思によって自由に財産の相続権を放棄することも、法律で認められたれっきとした権利です。この権利を行使した場合には、その相続人から相続権が失われるため、相続順位に則った方が法定相続人の権利を有することになります。相続放棄は、「相続放棄申述書」とよばれる書類を家庭裁判所に提出することで、その効果を発揮します。一度受託された相続放棄の効果は決して取り消すことができないので慎重に行いましょう。

限定承認のパターンと3種類の相続方法

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから