相続手続きパーフェクトガイド

相続順位

遺産相続に役立つさまざまな情報を紹介。こちらのページでは、法定相続人の範囲や順位についての基本的な情報を掲載しています。

法定相続人の具体的な範囲と順位

遺言書が遺されていない場合には、基本的に遺産は民法によって定められている範囲や順位によって、分割されることになります。その順位は別ページでも記載しましたが、基本的には以下の表のとおりになります。

配偶者 夫、妻(常に相続人に該当)
第1順位 子ども、孫、ひ孫
第2順位 父母(両方が亡くなっている場合には祖父母)
第3順位 兄弟姉妹

法定相続人の順位

補足しておくと、原則的にこの表に当てはまらない、子どもの妻、叔父や叔母などは財産を受け継ぐことができません。それでは、より詳しくこの順位に関して解説してみることにしましょう。

配偶者

被相続人の遺す遺産は、よほどの事情がない限りは配偶者が受け継ぐことになります。ただし、正式な婚姻関係にある場合に限られており、事実婚やパートナー、内縁の妻といった関係性では相続の権利は認められていません。

第1順位 子ども、孫、ひ孫

民法的には、直系卑属とよばれており、被相続人の直系系統の親族のことです。被相続人よりも先に子どもが亡くなっていた場合には、その子ども、被相続人から見れば孫が相続権を有することになります。ちなみに、この場合の子どもには胎児(死産の場合には最初から権利は認められません)や認知を受けた非嫡出子も含まれています。

第2順位 父母(両方が亡くなっている場合には祖父母)

被相続人に直系卑属がいなかった場合には、その父や母、祖父母が相続人としての権利を有することになります。

第3順位 兄弟姉妹

第1順位から第2順位までの相続人がいない場合には、被相続人の兄弟姉妹が第3順位の法定相続人に選ばれます。この第3順位に該当する兄弟姉妹がいない場合、またはすでに亡くなってしまっている場合には、甥や姪が相続人となるのです。この場合の相続のことを代襲相続といいます。代襲相続の場合には、その人数などに応じて遺産額が変わってくるので、弁護士に相談してみるといいでしょう。

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから