相続手続きパーフェクトガイド

法定相続分

遺産相続に役立つさまざまな情報を紹介。こちらのページでは、法定相続分についての基本的な情報を掲載しています。

法律によって定められている法定相続分

誰に相続の権利があるかは「法定相続人」のページで紹介しましたが、それでは実際に誰にどのような割合で遺産が分配されるのでしょうか?実は、その割合についても民法であらかじめ定められています。このように法律によって定められた遺産の割合のことを法定相続分とよんでいます。

具体的にどのような割合で分けられるのか

遺産を残して亡くなった被相続人が遺した遺産は、まず配偶者が優先して相続します。その後に残った遺産を法定相続人で均等に分けることになるのです。もっとわかりやすいように表にして紹介してみましょう。

相続人 相続の割合
配偶者 配偶者が100%相続する
配偶者と子ども 配偶者が2分の1、子ども全員で2分の1
配偶者と父母 配偶者が3分の2、父母が全員で3分の1
配偶者と兄弟(姉妹) 配偶者が4分の3、兄弟(姉妹)全員で4分の1

例えば、被相続人と配偶者の間にふたりの子どもがいる場合には、まず配偶者に全体の2分の1、残った2分の1を均等にふたりの子どもに配分されます。

もうひとつ具体的な例を紹介しましょう。被相続人と配偶者との間に子どもがおらず、ふたりの兄弟がいる場合には、配偶者に4分の3、兄弟ふたりに残りの4分の1が配分されます。

非嫡出子がいる場合の分配の割合

被相続人に非嫡出子がいる場合の法定相続分はどのようになっているのでしょうか?非嫡出子とは、法律上の婚姻関係にない状態の両親から生まれた子どものこと。反対に、婚姻関係にある両親との間に生まれた子どものことを嫡出子と言います。

かつての民法では、嫡出子・非嫡出子の割合は半分と定められていました。ですが、平成25年12月による民法改正により、嫡出子と非嫡出子は区別なく被相続人の子どもと定められており、同じ割合で分配されるということになっています。

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから