相続手続きパーフェクトガイド

財産調査

遺産相続に役立つさまざまな情報を紹介。こちらのページでは、財産調査についての基本的な情報を掲載しています。

財産に関する調査をしなければならない理由

身近にいた大切な人が亡くなったときはとてもかなしいものです。ですが、少し時間が経って気持ちが落ち着いたら、ぜひ被相続人(亡くなった方)の財産調査をしてみましょう。特に資産を持っていた被相続人が亡くなったときには、相続人が望まなくてもある程度の遺産が分けられることがあります。

実は、その遺産には相続税がかかってしまうのです。この相続税は、遺産が遺されてから10か月以内に税務署に収めないと延滞税がかかったり、正確な金額を納めないと過少申告加算税がかかってしまったりしてしまうのです。

具体的にどのようなことを調べればいいのか?

財産調査を行う際に真っ先にやっておきたいことはふたつあります。ここでは、それぞれの調査について解説します。

戸籍調査

まずは「戸籍調査」。市役所などの自治体で戸籍を調べることでわかります。被相続人と自分との関係性を明確にするうえでも必ず知っておきたい情報です。

遺産調査

その次に行うのが「遺産調査」。これはその名のとおり、相続する財産の全体像を知るために行います。かかりつけの弁護士などがいれば相談してみるのが一番でしょう。この遺産調査では、おもに以下のようなものを調べていきます。

  • 土地や建物、借地権、借家権などの不動産関係
  • 自動車、所有している絵画や骨とう品、貴金属や家財道具
  • 銀行に残された預貯金、株式や公社債、その他の金融商品など

これらの遺産は価値が大きいことが多く、調査してみなければ判明してこないものばかりだからです。特に不動産情報は役所が登記簿や帳簿を管理しているので、問い合わせてみるといいでしょう。その際には、登記している物件の名義人を確認することを忘れずに。相続人が知らない間に名義が変更されていたという事例も少なくないからです。

どこを調べればいいのかわからない、という場合には、法律などにくわしい専門家にアドバイスを求めるのも解決法のひとつです。

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから