相続手続きパーフェクトガイド

法定相続人

遺産相続に役立つさまざまな情報を紹介。こちらのページでは、法定相続人についての基本的な情報を掲載しています。

法定相続人について知っておきたいこと

遺産相続を行う場合、亡くなった方は「被相続人」、遺産を相続する方は「相続人」とよばれます。しかし誰もが相続人になれるわけではありません。遺産相続の際には民法という法律の下で相続人になれる人が決められています。

その人たちのことは「法定相続人」といい、残された方が親族の誰であるかによって、相続できる財産の割合も変わってくるのです。

民法で定められた法定相続人の範囲と順位

被相続人の財産は、まず最優先に遺言状に記されている内容により相続されます。しかし、その遺言状がない場合には被相続人と相続人との関係性によって相続順位が決められています。以下のように表にまとめてみましたので参考にしてみてください。

配偶者 夫、妻(常に相続人に該当)
第1順位 子ども、孫、ひ孫
第2順位 父母(両方が亡くなっている場合には祖父母)
第3順位 兄弟姉妹

例えば、被相続人に配偶者がおらず子どもがいた場合には、この子どもが法定相続人になります。もし子どももいなかった場合には、父母が選ばれるのです。

法定相続人に関する疑問

順位によって選ばれることになる法定相続人ですが、以下のような状況ではどのようになるのでしょうか。

子どもが養子であった場合

第1順位に該当するので、血のつながりはなくても法定相続人になります。養子の場合には、義父母と実の両親の両方で第1順位の法定相続人に該当します。ただし、特別養子縁組をしている場合には義父母のみの権利を擁します。

被相続人の前妻や前夫の場合

被相続人の配偶者のみが法定相続人になるため、被相続人の前妻や前夫は法定相続人になる権利がありません。

法定相続人のひとりが亡くなっている場合

この場合には、被相続人の亡くなった日付の前後で変わってきます。まず法定相続人が被相続人よりも前に亡くなっている場合には、法定相続人の子ども全員が相続人となります。反対に、被相続人よりも後に亡くなっている場合には、法定相続人の子どもやその時点での配偶者が相続人に選ばれることになります。

家族によってはさまざまな状況が考えられます。法定相続人に関する疑問があれば、早めに専門家に相談してみましょう。

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから