相続手続きパーフェクトガイド
HOME » 相続時に知っておきたい基礎知識

相続時に知っておきたい基礎知識

亡くなった方から大事な財産を引き継ぐ場合に知っておきたい基礎知識について、詳しく解説しています。その多くは民法によって定められている大切なものになりますので、ぜひチェックしてください。

財産を相続する時に知っておきたい基礎知識について

法定相続人

亡くなった方(被相続人)から財産を受け継ぐ権利を、民法によって与えられた人物を法定相続人といいます。その条件には、法律によって定められた範囲や順位があります。相続の基本的な情報となりますので、ぜひ覚えておいてください。

法定相続人について詳しく>>

法定相続分

順位などによって相続の権利がある人物は決まってきますが、具体的にどのような配分で分けることになるかは、さらに民法で定められている法定相続分によって決定します。こうした配分に従うことは、余計なトラブルを回避することにつながりますので、チェックしておくといいでしょう。

法定相続分について詳しく>>

相続順位

法定相続人のページで紹介した順位と範囲について、より具体的に解説しています。誰がどういった順位で財産を相続するかがわかりやすく紹介されていますので、ぜひご覧ください。

相続順位について詳しく>>

財産調査

法定相続人の間で公平に財産を分割するためには、その全貌を明らかにしておかなれければなりません。特に不動産や株式などの財産はこの財産調査により、初めてその価値がわかってくることが多いからです。

財産調査について詳しく>>

相続の種類

ひと口に相続といっても、実は様々な種類から選択することができます。これを上手に活用することによって、負債や借金などの遺産を相続するというリスクを回避することになるのです。

相続の種類について詳しく>>

相続の期限

財産を相続するには、ある一定の手続きを済ませなければなりません。この所定の手続きを踏んでおかないと、場合によっては相続する権利を失ってしまったり、多額の借金を背負わされることになる場合もあるのです。手続きごとに3か月、4か月、10か月といった期限が民法によって定められていますので、必ず内容をチェックしておいてください。

相続の期限について詳しく>>

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから