相続手続きパーフェクトガイド

相続税の計算方法

遺産を相続した時にかかる税金である相続税。このページでは、その相続税の計算方法についてくわしく解説しています。

複雑な相続税の計算方法

相続税は、とても複雑な方法で算出されます。正しく計算するためには、相続人それぞれの課税価格を計算する必要があります。

本来の相続財産+みなし相続財産+相続が開始される前(3年以内)の贈与財産+相続時の精算課税による贈与財産-非課税財産-債務および葬式にかかった費用

ここでいうみなし財産とは、被相続人が亡くなったことで相続人のものになった財産や弔慰金、保険金など。相続時の精算課税による贈与財産とは、生前贈与をうけた時に贈与税を納めて、その後相続をした際に、贈与財産と相続財産を合計して相続税を計算。すでに納税済みとなっている贈与税との差額を支払うか、還付をうけるというものです。さらに、非課税財産とは、墓石や仏壇などの非課税とされている財産のことをいいます。

相続人の取得額を計算する

法律によって定めれた基礎控除の計算(別ページを参照のこと)ができたら、それぞれの相続人の取得額を計算していきます。例を挙げると、総額が5億円の財産に対して、相続人が配偶者とその子どもふたりであった場合には、以下のような計算式によって取得額を算出します。

  • 配偶者:5億円×2分の1=2億5,000万円
  • 子ども:5億円×2分の1×2分の1=1億2,500万円
  • 子ども:5億円×2分の1×2分の1=1億2,500万円

この計算方法によって算出された金額に相続税率をかけると、仮の相続税額を出すことができます。この仮の相続税額を総額することで、相続税の総額を計算できるのです。

納付税額を計算する

相続税の総額が算出されたら、今度は実際に相続した財産額に応じて税額も分配しなければなりません。併せて、税額控除や税額加算による調整を行い、それらを計算して実際に納付する相続税額を決定していきます。

以上のように、相続税を算出するにはとても複雑な計算方法を正確に行っていく必要があります。無理をせずに、税理士や弁護士などの専門家に相談を仰ぐようにしていきましょう。

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから