相続手続きパーフェクトガイド

土地や不動産の分割方法

不動産の遺産分割を行うときに注意しておきたいことについて掲載しています。

土地や建物などの不動産の遺産分割に関する基礎知識

遺産相続において最も紛争などのトラブルが起こりやすいもののひとつが、被相続人が所有していた土地や建物などの不動産だといわれています。例えば相続人がふたりいる場合には、ひとつの土地を2分の1に分けることなどできません。そこで考えられる分割方式には、3つの方法があるといわれています。

現物分割

例えば、被相続人が土地と建物を別々に所有している場合には、兄が土地、弟が建物というように単純にそれぞれの相続分において不動産を共有するという、もっともスタンダードな方法があります。

代償分割

特定の相続人が不動産の所有権を有する代わりに、その他の相続人にはそれ相応の金銭を支払うというのがこの方法になります。例えば、兄が土地と建物の所有権を有する代わりに、弟には相続分に応じた金銭を支払うというもの。不動産に関する遺産分割に関しては、この代償分割によって解決に向かっていくケースがほとんどだといわれています。

個別分割

現物分割と少し似ていますが、不動産の他に預貯金などの相続財産がある場合に行われる方法です。例えば、兄が不動産のすべてを、預貯金は弟が相続するというように、財産を個別に相続することによってトラブルの解決を行うというものです。

換価分割

不動産以外の相続財産がない場合には、この換価分割と呼ばれる方法がとられる場合があります。相続人が兄と弟、そして妹の3人だった場合に、不動産を一度売却して、その売却代金を3人で分割するというものです。この方法については、その時の地価や市場価格なども関わってきますので、どのタイミングで売却するかということも重要になってきます。不動産鑑定士などの専門家に算出、相談するなどしてもらう必要があるでしょう。

その他にもさらに詳しいことは法律の専門家である弁護士などに相談してみると、最適な回答をしてくれることでしょう。

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから