相続手続きパーフェクトガイド

遺産分割の方法

トラブルなく円滑に行うための遺産分割の方法について掲載しています。

公平にトラブルなく財産を分けるための3つの遺産分割方法

相続の現場において、最もトラブルが頻発することになる遺産分割。親族同士が互いの権利を主張していくなかでいつしか信頼関係を失っていき、最悪の場合には絶縁となってしまうケースも少なくありません。基本的に遺産分割では3つの方法があるといわれています。ここでは、その内容についてくわしく解説していきましょう。

その1 遺産分割協議

遺産相続は基本的には遺言書の内容に従っていくことになります。しかし、被相続人が遺言書を遺していなかった場合には、法定相続人同士で協議の場を設けて話合いを行わなければなりません。ここで、誰が何をどのような配分で相続するかを決定することになるのです。この協議内で決着がつかなければ、家庭裁判所を交えた調停へと発展します。

その2 遺産分割調停

相続人同士による遺産分割協議においての話合いで決着がつかなった場合には、家庭裁判所に遺産分割調停、または審判の手続きをお願いすることになります。ここでは、相続人らのそれぞれの事情を確認して資料なども提出。それぞれの希望なども聴取して合意を目指して再度話し合いの場が持たれることになります。

その3 遺産分割裁判

家庭裁判所を交えた調停の場においても決着がつかなかった場合には、自動的に遺産分割審理に移行することになります。この場合、改めて審判の申し立てをする必要はありませんが、調停員の指示に従うことになります。調停を飛び越えて裁判を起こすことも可能ですが、可能な限り話合いによって解決をすることが望ましいでしょう。

遺産の3つの分割方法

それでは、財産は具体的にどのように分割されることが多いのでしょうか?これには現物分割、換価分割、代償分割という3つの方法があるといわれています。

例えば、長男が土地、長女が建物といったようにそのまま分ける方法が「現物分割」です。明確に分けることが難しかった場合には、一度売却して、その売却代金を調整するといった方法がとられたりします。この分割方法は「換価分割」といいます。

さらに、長男が土地や建物を引き継ぐ代わりに、ほかの兄弟姉妹に300万円や200万円といった財産を分ける方法を「代償分割」といいます。

各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き
各士業の「できる事」「できない事」から知る失敗しない相続手続き相続についての相談相手はこちらから